iPhone修理は仙台のスマホ・データお助け隊

iPhone画面割れ。日常茶飯事のこの現象と我々はどう向き合えばいいのか。

iPhone画面割れ。日常茶飯事のこの現象と我々はどう向き合えばいいのか。

落ちて割れるiPhone

iPhoneは落ちます。落ちて割れます。「落とさない」「割らない」と思っていると、落ちて割れた時のショックが大きいので、iPhoneは落ちて割れるもの、との認識をまずは持ちましょう。その方が愛おしさが増します。大切に扱うようになります。
薄くて軽い。流線型の美しいフォルム。片手で持つには微妙に大きく、両手で持つには微妙に小さい。まるで手から滑り落ちるために生まれてきたような存在です。
しかも片面全体が薄いガラスで覆われています。これを割るなと言う方がどうかしています。
iPhoneの寿命を全うさせるには、ご老人方がテレビのリモコンを扱う時のように、うやうやしく扱う必要があります。片手で持って顔の前で構え、「お願いします」と心のうちでつぶやきながらもう片方の手でボタンを押す、というように。
それでも運悪くiPhoneの画面が割れてしまった場合、あなたならどうしますか、というのが今記事のテーマになります。

iPhoneの画面割れはどういう時に起きるか

もちろん一番多いのは落として割るパターンです。鉄板です。
ポケットやバッグから取り出そうとして手を滑らせる。あるいは、テーブルに置こうとして目測を誤る。
「取る」「置く」と言葉にすると簡単ですが、人間の手は、信じがたいほど精妙な動きで、空間軸を前後左右に移動しながら、同時に掌中のiPhoneの位置を微妙にずらしたり傾かせたりして次の動作に備えたりしています。
その途中でポケットの縁に引っかけたり、つかみそこねたり、不測の事態が起こると、あっさり落ちて、あっさり割れるのです。
胸ポケットに入れたまま屈んだ拍子に、というのも多いですね。これは気持ち良いくらいスルッと落ちます。
写真を撮ろうして、とか、誰かとアドレスを交換しようして、など、若干あわてた状態でiPhoneを扱う時も注意が必要です。
iPhoneを誰かに手渡そうとする時にも魔がひそんでます。「ちゃんと渡さなかった」「しっかり受け取らなかった」と、人間関係も気まずくなりがちです。
落とさないで割れるパターンもあります。
まず、これは男性に多いですが、尻ポケットにiPhoneを差したまま勢いよく車に乗ってバリッ、というのが結構あります。体重がかかっているので、ガラスだけで済まないことが多いですね。
それから、これも男性ですが、スマホゲームに興じすぎて、負けた悔しさでiPhoneを叩きつけて割る、というパターンもままあります。ゲームに負け、人としても負け、おまけにiPhoneの画面まで割れて、散々な思いをします。

画面割れの程度を確かめる

iPhoneの画面が割れてしまったら、まずは損傷の程度を確かめましょう。それによってその後の対応の仕方が変わってきます。
iPhoneの場合、表面のガラスはただのガラスなので、軽くひびが入った程度ならそのまま使える場合がほとんどです。バキバキに割れていても使える場合もあります。
気をつけたいのは、ガラス面に欠落があって内部が露出している場合や、損傷が奥の液晶にまで及んでいる場合です。こうなると表示や操作に支障が出ますし、液漏れしている場合はショートで基盤がやられる危険性もあります。その場合は電源を落としてすぐに修理に出すことをおすすめします。
液晶が損傷していると、表示がおかしくなったり、見慣れない線や点が表示されたりします。墨汁を垂らしたような黒いシミができていたら液晶漏れの可能性があります。

データのバックアップを取る

画面割れのiPhoneをそのまま使っていると、センサーの不具合でタッチ操作に支障が出たり、液漏れなどが原因で突然電源が入らなくなったり、症状が突然深刻化することがあります。
そうした場合に備えて、早い段階でデータのバックアップを取っておきましょう。
バックアップの取り方はこちらの記事、

iPhoneバックアップの方法【完全版】備えあればデータロスなし

にわかりやすく解説しておりますのでご覧ください。

画面割れがひどいiPhoneをそのまま使っているとどうなるか

軽いひび割れ程度であれば、応急処置用のフィルムを貼るなどして、そのまま使い続けることも不可能ではありません。近々機種変更の予定がある場合など、短期間であればそれで乗り切ることも可能でしょう。
しかし、ひびや割れが激しい場合は、時間が経つにつれ、使用するにつれ、症状が次第に悪化することが予想されます。ある日突然まったく操作できなくなることもあります。
その他にも、以下のようにいくつか懸念材料があります。

①ガラスの破片で怪我をする


小さなガラス片なので、それで指を切ることはあまりないかもしれませんが、破片が指についたまま目や口を触って・・というのが心配ですね。
対策としては、応急処置用のフィルムを貼る、というのもとりあえず有効です。

②耐水性能の低下


ひびや割れがある、すなわち、iPhoneの耐水性能が破たんしていることを意味します。水に対する防御力がゼロに近い状態ですので、軽く雨に濡れただけや、ポケットに入れていて汗で・・等、簡単に水没状態に陥りますので注意が必要です。
対策としては、こちらも一応保護フィルムを貼るという方法がありますが、防水力は期待できませんので、普段以上に水まわりでの注意が必要です。

③周囲から良くない印象を持たれる


画面が割れたままのiPhoneを使っていると、率直に「だらしない人」と思われてしまいます。調査結果によると「貧乏」「ケチ」「ものを大切にしない」など、やはり良くない印象を持たれていることが分かります。
画面割れ修理にいらっしゃるお客様に話を聞くと、案外これがご来店のきっかけになっていることが多いですね。日本人ですから、やはり人の目は気になります。就職活動やバイトや仕事の面接、初デートの前にあわてて直していかれる方もいらっしゃいます。何がきっかけで「バキフォン」が相手の目に触れるかわかりませんからね。

イメージカット。2体のiPhone。

画面割れを直すと決めた場合の考え方

さまざまな不具合が生じますし、周りの目も気になる。出費は痛いが早めに修理してしまおう。そう考えるのが自然な流れだと思います。何よりこれ以上症状を悪化させないことが重要ですね。

①apple storeでの修理


では、どこで修理するか、ですが、最初にチェックしていただきたいのは、appleの端末保証制度「apple care」があなたに適用されるかどうか、です。
確かめる方法は簡単で、こちらのサイトで、

apple公式ページでapple care の加入状況を調べる。

お使いのiPhoneのシリアル番号を入力することで確認できます。
シリアル番号はiPhoneの「設定」アプリから「一般」「情報」と進み、「シリアル番号」の項目で確認できます。
・・・・。
確認できましたでしょうか?

iPhone購入から1年以内であれば、apple careの保証が適用されます。追加料金を払ってapple care +に加入していれば、購入から2年まで保証が延長されます。保証期間を過ぎておらず、2年間で2回までの保証回数もオーバーしていなければ、apple直営店か、もしくは正規サービスプロバイダーでの修理が無難です。画面割れ修理であれば3.400円+税で修理できます。
保証が利かない場合、画面割れ修理は機種によって14,800~37,400円かかりますので、保証の大きさがご理解いただけると思います。

直営店での修理のデメリットは、時間がかかりすぎることと、データの保証がされないことです。
直営店は全国に10店舗もなく、カメラのキタムラやビックカメラなど窓口となるプロバイダーも市街地にしかないため、それ以外の地域にお住いの方は配送修理しか選択肢がありません。
店舗持ち込みでも1週間、配送修理の場合は最低2週間はかかると覚悟しておいた方がいいですね。ただし配送修理の場合、事前に申し込みをすれば、期間中代替機を使用することができます。車でいう代車ですね。
apple storeでの修理は、修理と言いつつ実際は新品同様品との交換になるので、データは戻りません。自分でバックアップを取って移行する必要があり、データ移行に対応していない(最近はあまりないと思いますが)アプリの情報などは消えてしまいます。
したがって、バックアップを取っていない状態でひどい画面割れに遭い、操作不能で事故後にバックアップが取れない場合など、正規店での修理では、仮に保証が利いて安く修理できたとしても、データに関してはほぼあきらめるしかないというのが現状です。

②街の修理店での修理


さすがにそんなに待てない、とか、どうしてもデータは残したい、という場合は、街の修理店で修理するという選択肢があります。こちらはapple storeや正規プロバイダーよりはるかに店舗数が多いので、お近くに店舗が見つかる可能性が高いですね。
街の修理店で画面割れ修理をする場合、ガラスを新品に替えるだけなので、データはそのまま残り、修理前と同じように使うことができます。
金額的には、apple careの保証を使った場合には及びませんが、appleの保証外の修理と比べると、ほとんどの機種でかなり安く修理できます。
修理にかかる時間も、店によってそれぞれですが、だいたい30~60分ぐらいが一般的です。2週間かかる上データも戻らないことを考えると、1時間弱で元のように使えるというのは、やはり大きなメリットと言えるでしょう。

街の修理店を利用するデメリットとしては、部品の品質がピンキリであること、修理の技術もピンキリであること、が挙げられます。
ピンの方の修理店を見きわめるコツは、安く修理できる理由がきちんと説明されていること。また、長くその土地で営業しているかや、運営元がしっかりしているか(サイトの会社概要などである程度分かると思います。それが分からないようだとちょっと不安ですね)をチェックすると良いでしょう。
もう1つ、街の修理店で修理をした場合、純正品以外の部品を使ったということで、その後apple storeに行っても修理してもらえなかったり、保証が使えなくなる可能性があります。
これは困りますね。だったらもう少しサービス良くしてよ、とも思うのですが・・。
ですので、保証がまだ残っていたり、今後保証を使う予定がある場合は、やはりapple storeで修理しておくのが無難かもしれません。購入から2年以上経過していたり、そもそもapple careに加入していないのであれば問題ありません。

この記事のまとめ

いかがだったでしょうか。
私も経験がありますが、画面がひび割れたiPhoneをそのまま使うのは、それはそれでなんとなく面白かったり、話のネタにもなりますし、短期間であればそれほど支障がないのも事実です。
ただし症状がひどい場合は、それ以上悪化して操作不能に陥る前に、やはりできるだけ早く修理しておくことをおすすめします。
バキバキのiPhoneを使っているあなたの姿を、運命の相手が見ていないともかぎりませんからね。

iPhone修理は仙台のスマオタへ

仙台市内で最安値のiPhone修理

修理情報修理動画も積極的に公開中で、安心して修理をご依頼いただけます。また郵送修理にも対応し、青森・秋田・岩手・山形・宮城・福島の東北はもちろん、全国からのご利用も可能です。

arrow_upward