iPhone修理は仙台のスマホ・データお助け隊

【LINE pay】で割り勘する方法|支払いもスマートに

【LINE pay】で割り勘する方法|支払いもスマートに

便利なLINE payの割り勘機能

前回の記事ではLINE payについて書きました。

関連記事
LINE pay の使い方|設定もチャージも超簡単・スマホ決済でお財布いらず

実はこのLINE payには、割り勘ができる便利な機能があるんです。CMでも目にすることがあり、知っている人も多いのではないでしょうか。「割り勘なんて人数分で割るだけだから必要ない」と思っていませんか?でも、LINE payの割り勘機能は計算だけではありません。ちゃんと請求までしてくれる優れものなのです。

今回はLINE pay の便利な割り勘機能について解説していきます。

LINE payで割り勘する方法

LINE payの割り勘機能の使い方を、飲み会での割り勘を例に説明します。まずウォレットアイコンをタップし、次に上に表示されている残高のあたりをタップします。LINE payが表示されますので、下にある「割り勘」をタップしましょう。

次の画面でも「割り勘」をタップします。「タイトルを入力」の部分には何の代金を割り勘するのか、分かりやすいタイトルを入力します。入力したら、「QRコードを作成」をタップするとQRコードが表示されます。下には支払いの幹事となる人のアイコンが表示されています。次に、割り勘をする他のメンバーのスマホでLINEを起動します。

ウォレットアイコンにある「コードリーダー」を起動して、先ほど表示されたQRコードを読み取ります。他のメンバーのスマホに割り勘画面が表示されます。LINE payか現金のどちらで払うかを選択し、「割り勘に参加」をタップします。

幹事のQRコードの画面には、参加した人のアイコンが表示されます。割り勘するメンバー全員が表示されたら、「支払う」をタップします。残高が不足している場合は、この画面からでもチャージできます。「OK」をタップして次に進みます。バーコードとQRコードが表示されますので、レジで読み取ってもらいましょう。

読み取りが完了すると、幹事の残高から決済されます。それと同時に、LINEに決済完了のメッセージが届きます。そのメッセージの「割り勘をリクエスト」をタップし、メンバーと金額を確認して「割り勘をリクエスト」をタップします。すると、他のメンバーにLINEが届きますので、そのメッセージの「LINE Payで支払う」から自分の分を支払えます。

支払いが完了すると、幹事の残高が増えますので確認しましょう。割り勘に参加するメンバーは、LINEを利用している必要がありますが、LINE payは利用していなくても問題ありません。

LINE payで割り勘を利用する際の注意点

LINE payに対応している店でなければならない


当然ですが、LINE payに対応している店でなければ、そもそも支払いができません。和民・白木屋・魚民などの有名なチェーン店はだいたい対応していますが、そういう店に行かないのであれば、対応しているかを事前に調べておく必要があります。

幹事がLINE payを使えることが条件


幹事(立て替える人)がLINE payを利用しており、かつ残高がある状態でなければなりません。とはいえ、LINEを使っているならLINE payの登録は1分以内にできてしまいます。問題は残高をちゃんと用意できるかどうかです。大人数での飲み会の場合は、それなりの金額を立て替えることになりますので、注意してください。

あらかじめチャージしておくか、その場ですぐチャージできるようにしておく必要があります。スムーズに支払いを済ませるためにも、あらかじめチャージしておくことをおすすめします。

現金払いの人に請求するのを忘れないこと


LINE payを利用していない人は現金のみになりますので、個別に請求する必要があります。未払いの人はすぐに分かりますので、後からの請求も楽々です。踏み倒される心配がある人には、その場でしっかり請求しておきましょう。

幹事にはとても助かるLINE payの割り勘

大人数で飲み会をする場合、幹事は支払いや集金で苦労します。1円単位できっちり払ってくれる人は少ないでしょう。その点、LINE payを利用していればお釣りを渡すことも気にせずに使えるため、大変助かります。幹事の立場を利用して、LINE payの使える店を選んで少しでも負担を減らしましょう。

iPhone修理は仙台のスマホ・データお助け隊

arrow_upward