iPhone修理は仙台のスマホ・データお助け隊

iPhone|充電できない時の8つの原因と対処法

iPhone|充電できない時の8つの原因と対処法

突然起こると困るiPhoneの充電不良

充電中にふと気づく、充電不良。ケーブルを繋いだはずなのに雷マークが点いていない…。
「まさか壊れてしまったの?」
「もしかしてバッテリーの寿命?」
と焦りますよね。それも当然です。iPhoneのバッテリー修理や交換は、そんなに安くはありません。ですが、ちょっとしたことが原因で充電できていないだけの可能性もありますので、修理に出す前にいくつかの項目をチェックしてみましょう。

iPhoneが充電できない8つの原因と対処方法

1.安価なケーブルや、古いものを使っている


古かったり、安価なLightningケーブルを使用している場合、いくら充電してもバッテリーが増えないことがあります。一応充電はできていても、すごく遅いので時間がかかりますし、バッテリーにも負担が大きくなります。

iPhoneを故障させる可能性もあるため、ある程度ちゃんとしたケーブルを使用することをおすすめします。Appleに認証された製品は、パッケージに「Made For iPhone(通称MFi)」というロゴが表記されています。この製品を選べば安心です。

2.電源アダプタの不良


ケーブルだけではなく、電源アダプタが不良で充電できないこともあります。他の電化製品に付いていたものや、前に使っていたスマホのアダプタを使っているなど、対応していないものの使用はやめましょう。

電源アダプタは社外品も多くありますが、iPhoneに対応したものを選ぶようにしましょう。また、電源アダプタが対応していても、壊れていれば充電できません。代わりのアダプタがある場合は、付け替えることで壊れているかどうか確認できます。

3.パソコンのUSBで充電している


iPhoneはパソコンのUSBでも充電できます。ですが、家庭用コンセントに比べると電圧が低いため充電に時間がかかることがあります。パソコンによっては、充電するパワーが十分でない場合もあるでしょう。できるだけコンセントから充電するようにしてください。

どうしてもパソコンから充電したいときは、低電力モードにすることで、充電が早くなる可能性があります。低電力モードにするには、「設定」を開き、少し下にスワイプして「バッテリー」をタップします。そして「低電力モード」のスイッチをオンにします。

4.Lightningケーブルが断線している


昔からiPhoneのLightningケーブルは壊れやすいと言われてきました。強度はどんどん上がってきていますが、それでも断線問題は未だ健在です。まずは、ケーブルが断線していないか確認してみてください。見た目で断線していると分かる場合もあります。

内部で断線していた場合は分かりません。スペアのLightningケーブルを持っているのなら、それで充電できるか試してみましょう。できるなら、断線の可能性は大です。接続部付近は特にダメージを受けやすい部分ですので、普段から極力折り曲げないように使いましょう。

5.ゴミなどの混入による接触不良


iPhoneの充電ケーブル接続部分は、基本的には露出しています。そのため、ポケットやバッグの中に入れていると、埃や髪の毛といったものが混入してしまいます。それが原因となって接触不良を起こしている場合もあるのです。

中にゴミがある場合はゴミを除去して再度接続してみましょう。ゴミを除去する際には、爪楊枝や綿棒などを使って優しく掃除してください。ショートや感電の危険がありますので、くれぐれもクリップや針などの金属類を使わないように気をつけましょう。

6.バッテリーが全くない状態


iPhoneのバッテリーが少なくなり、電源が切れた時でも実際にはバッテリー残量は数%残っています。ですが、その状態で長い間放置するとやがて0%になります。全くない状態で充電をしても、すぐには電源は入らず見た目は充電できていないように見えます。

対処法としては、充電ケーブルを繋いだまま30分ほど放置してみることです。ある程度残量が増えると、画面が表示されるようになります。

7.iOSのアップデートが原因


iOSのアップデートで充電できなくなったケースも過去にありました。ですから、それが原因で何らかの不具合が起こっている可能性もあります。アップデートをした後に充電できなくなった場合は、修正されるまで待つしかありません。このため、普段からアップデートはすぐには行わず、ある程度間を空けて行うほうがいいでしょう。

8.再起動をすることで改善することも


原因は不明ですが、iPhoneを再起動することで改善するケースもあります。再起動をするには上部にあるボタンを押し続けます。iPhoneX以降の機種は、右側に付いているボタンと、音量ボタンのどちらかを同時に押し続けます。下のような画面が出たら左上の電源アイコンを右側にスライドすると、電源が切れて再起動になります。

充電中のスマホ操作は気をつけること

充電できなくなる理由としてもっとも多いものは、Lightningケーブルの断線です。そのため、様々なメーカーが強度の高いものをこぞって出しています。とはいえ、いくら強度が高くても、使い方次第ではすぐに断線してしまいます。

断線する一番の原因は「充電しながらスマホを操作している」ことです。充電中の操作はケーブルの根元が折れ曲がり、断線しやすくなります。また、充電中の使用はバッテリーの寿命を縮めることにもなりますので、充電中の使用は極力控えましょう。

充電できない場合は修理を検討する

今回ご紹介した対処方法を試しても充電できるようにならない場合は、修理を検討する必要があります。バッテリーは消耗品ですから、いつかは寿命がきます。iPhoneを購入して数年経っているのなら、まずはAppleに連絡しバッテリーが寿命になっていないかを調べてもらいましょう。

iPhone修理は仙台のスマオタへ

仙台市内で最安値のiPhone修理

修理情報修理動画も積極的に公開中で、安心して修理をご依頼いただけます。また郵送修理にも対応し、青森・秋田・岩手・山形・宮城・福島の東北はもちろん、全国からのご利用も可能です。

arrow_upward