iPhone修理は仙台のスマホ・データお助け隊

iPhoneが熱い!発熱原因と対処法をクールにご紹介!間違った方法とは?

iPhoneが熱い!発熱原因と対処法をクールにご紹介!間違った方法とは?

iPhoneが熱い!発熱の仕組みと原因とは?

iPhoneが急激に熱くなったという経験をされた方、結構多いのではないでしょうか?そんなときに試した対処方法は、適切なものだったのでしょうか?そこで今回は、「iPhoneが熱くなる原因とその対処法」について解説していきます。

また、間違った対処法も一緒に紹介していきます。iPhoneが発熱した際にやりがちな行動ですが、アップルサービスのサポート対象外になってしまう恐れがあるので、勉強しておきましょう!

iPhoneが発熱するのには、実はいくつかの原因が存在します。ちなみに、いきなり熱くなってしまう原因は以下の原因であることが多いです。

• 長時間の使用によるもの
• バッテリーの寿命が終わっている
• 電源に接続したままの使用
• (さまざまな)故障

iPhoneが発熱する理由として、最も身近なものは「長時間の使用」ではないでしょうか?

現代はスマートフォン普及率が97%であり、主なコミュニケーションツールです。iPhoneを長く使用するのは、もはや当たり前のことですよね。
ただし長時間の使用は端末に負担をかけますので、発熱の原因となってしまいます。

ちなみに、電源に接続したままの使用も原因であることが多いです。いつもモバイルバッテリーなどを持ち歩き、常に充電をしている方がいます。充電量残り20%くらいまで、ある程度使い切るようにしましょう。
常に100%の状態にしておくのは、バッテリーの劣化を早めるほか、iPhoneが発熱する原因ともなります。

バッテリーの寿命や故障の場合もありますので、充電の減る速さが尋常ではない場合は、近くのアップルストアに持っていくか、修理店でチェックしてもらうようにしましょう。

iphoneが熱い時の3つの対処法

続いて、iPhoneが発熱したときに、自分でできる対処法を3つお伝えします。

1. 使用を中断する
2. 1度電源を落とす
3. 充電を中止する

自分でできる対処法は限られますが、iPhoneが発熱している原因が長時間の使用であれば、これらの方法で回復することが多いです。

使用を中断して、1時間程度放っておいてください(それがむずかしいんですけどね)。充電中の場合は、充電も中止してみてくださいね。

その2つを行っても熱がおさまらない場合は、やはり修理に出すことをおすすめします。

また電源を落とすという方法もありますが、PCの「強制終了」にあたるため端末に負担をかけます。すべての対処法を試しても無理だった場合にのみ、電源を落とすようにしましょう。

まちがった対処法?iPhoneが発熱したときにやりがちなこと

iPhoneが発熱した際の対処法として、間違った方法が結構流布しているものです。その最たるものが、冷蔵庫です。「冷凍庫(冷蔵庫)で急激に冷やす」というものです。

冷やすという考えは正しいのですが、冷凍庫や冷蔵庫の場合、急激に冷えすぎてしまいます。熱い端末を急激に冷やしてしまうと、iPhoneの中で結露ができてしまいます。

機械内で水没している状態になってしまうんですね。より深刻なトラブルの原因になりますので、無理に冷やすことはくれぐれもしないようにしてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
iPhoneの発熱は、実は結構危険なんだということがお分かり頂けたかと思います。ちなみに発熱しているからといって、自己流の対処法を行っていた場合は、保険サポートの対象外になる可能性が高くなるので注意が必要です。

公式HPなどを見て、どんなことがサポートの対象外なのか見ておくと良いかもしれませんね。

iPhoneが発熱した場合は自己流の対処法ではなく、その原因にあった対策を行ってください。

iPhone修理は仙台のスマオタへ

仙台市内で最安値のiPhone修理

修理情報修理動画も積極的に公開中で、安心して修理をご依頼いただけます。また郵送修理にも対応し、青森・秋田・岩手・山形・宮城・福島の東北はもちろん、全国からのご利用も可能です。

arrow_upward