iPhone修理は仙台のスマホ・データお助け隊

iPhone【ホーム画面】整理術|断捨離してミニマリストに近づこう

iPhone【ホーム画面】整理術|断捨離してミニマリストに近づこう

iPhoneのホーム画面は、あなたの部屋の中と同じ

みなさんiPhoneのホーム画面の状態はいかがですか?今は興味深いアプリがたくさんあるので、ダウンロードすればするほどカオス状態になりがちです。

あなたの部屋をお片づけする感覚で、何が必要で何が不要か、断捨離しながら整理して行きましょう。目へのストレスを軽減し、快適にiPhoneを使っていけるようになるはずです。

iPhoneホーム画面の整理方法

iPhoneホームの整理と、お部屋の整理との違いは、「人の目に触れない」という点です。なので、自分だけにとって分かりやすければいいのです。

カテゴリー別になっていなくても、使いやすければいいので、誰からも文句を言われない、楽しい整理整頓ができます。

・「毎日必ずつかうアイコンは1ページ目に移動させる」
自分のお部屋でもそうですが、よく使うものは目の届くところに置いて、分かりやすくしておきますよね。

アプリによって使用頻度が異なるので、毎日つかうアイコンは1ページ目に移動させて、あとは2ページ以降に配置します。すると好きなものだけが一発で現れて、それだけで気持ちがいいものです。

【アプリ移動方法】
・ホーム画面上のどのアイコンでもいいので長押しする
・全てのアイコンの左上に「×」が出てくる
・移動させたいアイコンに「×」を避けながら触れ、目的のポイントまでドラッグ
・指をはなす

色とりどりのアイコンは目を疲れさせる原因になります。そこで、似た色や似たデザインのアイコンを揃えて並べると、少し見栄えが良くなり、目への負担が軽くなります。

「断捨離決行! 使わないアプリは削除


何が必要で何が必要でないかは、アイコンを見た瞬間に感じるインスピレーションで決めましょう。毎日目にするアイコンは当然残しますが、それ以外のアイコンの存在が頭を悩ませます。

基本的に、ここ最近1週間で使わなかったアプリは消してしまいます。ただし、学習補助アプリや旅行・レストラン予約アプリなど、ある場面になると存在感を増す便利アプリについては、消さずにフォルダの中にしまって、コンパクトに管理します。

【アプリ削除方法】
・ホーム画面上のどのアイコンでもいいので長押しする
・全てのアイコンの左上に「×」が出てくる
・削除したいアイコンの「×」をタップ
・「削除」をタップ

フォルダにまとめる


「フォルダに管理すべきアイコンとは」
フォルダというのは、iPhoneホーム画面上で、複数のアプリをアイコン1つ分のスペースにまとめて管理できる場所のことです。

フォルダに入れるアプリは、「必要なく置き場所に困ったもの」ではなく、「特定のジャンルで、多くなってしまったもの」や、「今は必要ないが、特定の場面でフル活用するもの」です。

例えば、語学やその他資格の勉強をしている時や、旅行や飲み会などのイベントの時に備えたジャンル別フォルダを作っておけば、スムーズに目的のアプリにたどり着くことができます。

私の場合、「英語」のフォルダを作り、英語辞書や翻訳アプリなどをフォルダで管理しています。ただし、ジャンルが英語でも、頻繁につかうものであれば、フォルダには入れません。

フォルダに入れてしまえば、見た目は整理されてキレイですが、アプリを開きたい時に、〈フォルダをタップ〉→〈目的のアプリをタップ〉というように、2段階の動作になるため面倒です。

肝心なのは見た目ではなく、いかに自分が使いやすいかです。「ジャンルでくくりたい!」というこだわりは捨ててしまいましょう。

iPhoneを使いやすくする整理術

断捨離が終わったら、アイコンの位置を微調整して、iPhoneホーム画面をより使いやすくするための仕上げをしていきましょう。

・「よく使うアプリは片手で操作しやすい場所へ」
例えば、部屋にこもって、PCや携帯、マンガや小説、スナックやジュースなど自分が好きなものを全部、半径1メートル以内において過ごす休日を想像してみてください。

iPhoneのホーム画面上でも、好きなアプリが親指の近くにあったら、ちょっと快適だと思いませんか? 右利きの人は、右下によく使うアプリのアイコンを配置。左利きの場合は、左下に配置しましょう。

ここで肝心なポイントがあります。iPhoneのホーム画面1ページにつき、アイコンはドック(底辺のプレートの上のアイコンが4つ置ける場所)以外で24個まで配置できます。

iPhoneの構造上、好きなアプリの数が少ないからといって24個以下にしてしまうと、右下のスペースに空間ができ、せっかくの親指の稼働領域をもて余してしまいます。最低24個は頑張って埋めるようにしましょう。

ドックの活用方法


ドックというのは、iPhoneのホーム画面底辺にある、プレート上のアイコンが4つ置ける場所のことです。

ここには、最も使用頻度が高い、あなたの『アプリベスト4』を配置します。定番なのは連絡ツール(電話、LINE、メッセージなど)や、検索ツール(Safari、Chromeなど)です。

壁紙の使いかた


壁紙はアイコンが埋もれないように、なるべくシンプルなものを選ぶのをおすすめします。デフォルトでも十分ですが、「設定」→「壁紙」→「壁紙を選択」で自分のアルバムからも選べます。好きな柄をアルバムに入れておけば、簡単に設定できます。
ちなみに、ホーム画面用にペットの写真に設定するとします。当然ペットはアイコンたちに隠れてしまい、よく見えません。ペットの部分を避けてアイコンを配置することも可能ですが、ペットを見せたい場合は、ロック画面に設定した方が簡単です。

どうしてもホーム画面をカスタムしたいという方は、以下を参考にしてください。
アイコン位置のカスタム方法

断捨離はミニマリストへの一歩

皆さんは、「ミニマリスト」という人々の存在を知っていますか?
「minimal=最小限の」を徹底する人、つまり、「最低限必要なものだけで生活することが、人間をより幸せな方向に導く」という考えに基づき生きる人を指します。そして、その思考を「ミニマリズム」と呼びます。

最近、このミニマリストと呼ばれる人が増えてきているようです。断捨離によって必要最低限のものだけ残すという点で、iPhoneのホーム画面整理も、ミニマリズム的行動に近いと感じます。

また、アプリ断捨離のメリットは、実際のモノと違って復活可能です。もし必要であれば再インストールするだけなので、最も気楽に出来る断捨離なのです。皆さんもお時間があるときにぜひ実践してみてはいかがでしょうか。

iPhone修理は仙台のスマオタへ

仙台市内で最安値のiPhone修理

修理情報修理動画も積極的に公開中で、安心して修理をご依頼いただけます。また郵送修理にも対応し、青森・秋田・岩手・山形・宮城・福島の東北はもちろん、全国からのご利用も可能です。

arrow_upward