iPhone修理は仙台のスマホ・データお助け隊

iPhoneのウイルス対策!これだけ守ればさらに安心

iPhoneのウイルス対策!これだけ守ればさらに安心

なぜiPhoneはPCやアンドロイドよりもウイルスに強いのか

PCなどでよく耳にする、ウイルス対策。

「自分はiPhoneだからセキリュティは万全!」
「iPhoneがウイルス感染なんて、聞いたことがない」

と安心している人は多いのではないでしょうか?

確かにiPhoneはセキュリティ面で他の端末より優れており、ウイルス感染のリスクは低いです。
しかしウイルス感染のリスクが0でないのもまた事実。

そこで本記事では、iPhoneをより安全に使うためのウイルス対策について紹介していきます。
ちょっとした心掛けであなたのiPhoneをウイルスから守ることができますので、ぜひ参考にしてみてください。

アプリに対してAppストアの厳しい審査がある


「iPhoneがウイルスに感染した!」という話は、滅多に聞きません。
確かにiPhoneがPCやアンドロイドに比べて、ウイルスに感染しづらいのは事実です。
しかしなぜ、iPhoneはウイルスに強いのでしょうか?

多くのウイルス感染の原因は、インストールしたアプリにウイルスが仕込まれていたというものです。
PCやアンドロイドは個人が制作したアプリをインストールしやすい仕様となっており、知らず知らずのうちに悪意のあるウイルス付きアプリをインストールしてしまったという事例も多々あります。

しかしiPhoneの場合、基本的にAppストアで公開されているアプリしかインストールすることができません。
AppストアはApple公式のアプリストアであり、アプリを公開するためには厳しい審査があります。

Appストアによる審査の段階でウイルスについては特に厳しくチェックされるため、そもそもiPhoneはアプリからウイルスに感染しづらい仕組みになっています。

iOSがウイルスに強い仕様となっている


iPhoneに組み込まれているiOSは、もともとウイルスに強い設計となっています。
万が一インストールしたアプリを経由して端末にウイルスが入ってくるようなことがあっても、ウイルスは他の機能に干渉することができません。

AppストアではiPhoneのウイルス対策ソフトがほとんど公開されていませんが、これはiOSがウイルスに感染しづらい仕様であり、そもそもウイルス対策ソフトが不要だからでもあります。

iPhoneのウイルス感染リスクは0ではない!

iPhoneはウイルスに感染しづらいという説明をしてきましたが、iPhoneのウイルス感染リスクは決して0ではありません。
ここでは、iPhoneがウイルスに感染するリスクのある経路について紹介していきます。

①公式アプリではない、有害なアプリをインストールする


iPhoneは基本的にAppストアが公開している安全なアプリしかインストールできない仕様となっていますが、Appストアが公開していない非公式アプリをインストールするための「脱獄」という行為が存在します。
脱獄はiOSの利用規約に反する行為であるだけでなく、ウイルスが仕込まれた有害なアプリをインストールしてしまう原因の1つです。

②セキュリティ対策が不十分な無料wifiに接続する


セキリュティ対策が不十分な無料wifiに接続すると、悪意のある人間にネットワーク経由でiPhoneへのアクセスを許してしまい、ウイルスに感染してしまうリスクがあります。
他人の端末にアクセスするためにわざとセキリュティの甘い無料wifiを飛ばすという事例もあり、何の確認もなく無料wifiにアクセスするという行為はiPhoneのウイルス感染のリスクを高めます。

③ウイルスに感染しているPCに接続する


既にウイルスに感染しているPCに接続することで、PCのウイルスがそのままiPhoneへ入ってきてしまうこというケースも珍しくありません。
ウイルスは広く感染させることを目的に設計されていることがほとんどのため、PC上のウイルスはiPhone上でも悪さを働きます。

今日から実践できるiPhoneのウイルス対策4選

ではどうすればiPhoneをウイルス感染のリスクから守ることができるのでしょうか。
ここでは、簡単に実践できるiPhoneのウイルス対策について紹介していきます。

①脱獄や非公式アプリのインストールをしない


ネット上では「脱獄するとiPhoneでこんなアプリが使える!」と紹介し、脱獄を推奨するような情報もチラホラ見かけます。
しかし脱獄や非公式アプリのインストールは、ウイルス感染への第一歩です。
アプリのインストールは必ずAppストアから行いましょう。

②信頼できない無料wifiを利用しない


近年多くの飲食店や商業施設で無料wifiが使えるようになりました。
飲食店や商業施設が責任を持って提供している無料wifiであれば、セキュリティ対策がなされており、安全と言えます。

しかしここで注意しなくてはいけないのが、個人が悪意を持って飛ばしている無料wifi。

・ネットワークの名前が「free」や「public」となっている
・パスワードなしで接続できる

このような無料wifiは個人がウイルス感染を目的に飛ばしている可能性がありますので、接続しないようにしましょう。

③PCに接続する前に、PC側の安全性を確認する


充電やデータの転送など、iPhoneをPCに接続する機会は何かと多いです。
しかしPCがウイルスに感染していると、iPhoneにもウイルスが入ってきてしまう可能性があります。
PCは比較的ウイルスに感染しやすい端末であるため、キチンとウイルス対策ソフトが組み込まれたPCであることを接続前に確認しておきましょう。
特に自分のPCではなく、他人のPCに接続する際などは要注意です。

④iOSを最新版にアップデートしておく


定期的に通知が来るiOSのアップデートですが、iOSのアップデートはウイルスに対してのセキュリティ性の向上も含みます。
iOSを常に最新版にしておくことで、ウイルス対策にも繋がります。

まとめ

「ウイルスに感染しづらいから、iPhoneを選ぶ。」
iPhoneはセキリュティ性の高い端末であるため、これは決して間違いではありません。

しかしiPhoneだからといって、ウイルスに対して無関心になるのは非常に危険です。
iPhoneでもウイルス感染のリスクが0ではないということを頭に入れておきましょう。
本記事で紹介したようなちょっとしたウイルス対策を心掛けることで、iPhoneをより安全に使うことができます。

iPhone修理は仙台のスマオタへ

仙台市内で最安値のiPhone修理

修理情報修理動画も積極的に公開中で、安心して修理をご依頼いただけます。また郵送修理にも対応し、青森・秋田・岩手・山形・宮城・福島の東北はもちろん、全国からのご利用も可能です。

arrow_upward