iPhone修理は仙台のスマホ・データお助け隊

【iPhone】 ホームボタンを画面に表示させて操作する方法とメリット 故障時だけじゃない!

【iPhone】 ホームボタンを画面に表示させて操作する方法とメリット 故障時だけじゃない!

iPhoneの画面にホームボタンを表示させられるって知ってますか?

iPhone10周年を記念して2017年に販売されたiPhone X 以降、フルスクリーンが iPhoneの新基準となり、これまでiPhone 操作の要であったホームボタンが消滅しました。

X 以降のiPhoneに機種変更した方はもちろんご存じでしょう。最初はとまどった方も、すぐに操作にも慣れたのではないでしょうか。
画面下部のホームバー付近を上にスワイプ(触れて、飛ばすイメージです)してホーム画面に戻る新しい方法は、本のページをめくるような感じで非常に直観的です。

一方、消滅してしまったホームボタンですが、機能そのものがなくなったわけではありません。ホームボタン状のアイコンを画面に表示させることで、同じように操作することができます。

今記事では、画面上にホームボタンを表示させて操作する利点やその方法について解説します。

iPhone 画面に設置するホームボタンの利点と特徴

「ホームボタン」アイコンは軽くタップするだけでホーム画面に戻れます。触れて飛ばすスワイプよりコンマ何秒か素早く操作できるので、頻繁に行ったり来たりする方には効率的です。スワイプのように人前でカッコつけて空振りする心配もありません。

また、任意の場所にボタンアイコンを移動できるので、スクロールポイントの近くにこれを設置し、縦長の画面を開いてスクロールしてホーム、のような、複数の指の動きを組み合わせてリズミカルに操作したい場合などに強みを発揮します。

画面上のホームボタンアイコンが最も真価を発揮するのは、何といっても片手操作の最中でしょう。
iPhone 本体のサイズが大きくなったこともあり、片手操作中にホームバー付近からスワイプ、というのは、手が大きな人じゃないと結構難しいです。画面左上のメニューボタンをタップして下部からスワイプ、という動きなどは、手の大きな人でも母指内転筋がつりそうになりますし、無理をしてiPhoneを落下させるリスクも高まります。
実際画面割れ修理にいらっしゃったお客さまにお話を伺うと、操作中に手を滑らせて・・という方が少なくありません。

画面の下にホームボタンがある従来のiPhoneをお使いの場合でも、「ホーム」アイコンを画面に表示させて使うメリットはあります。
従来のホームボタンは画面の下方に離れて存在しますので、上記のどのパターンにも当てはまりますし、本物のボタンの場合物理的に押し込む必要があり、画面のタップですべてを処理した方が圧倒的に操作速度が上がります。

ホームボタンはひんぱんに使用するパーツで故障の頻度も高く、すぐに修理に出せない場合など、「ホーム」アイコンでその機能を代用することも可能です。

iPhoneの画面に「ホームボタン」アイコンを表示、使用する方法

では具体的に、画面上にホームボタンアイコンを設置、設定する方法を解説します。
「設定」から「一般」「アクセシビリティ」へと進み、スクロールダウンして「Assistive Touch」をタップします。
iPhoneの操作方法。assistive touch画面の開き方。
「AssistiveTouch」のツマミをオン(=緑)にすると、ボタンが表示されます。
続いてこのボタンをホームボタンとして使えるように設定していきます。「最上位メニューをカスタマイズ」をタップします。
iPhoneの操作方法。assistive touchをオンにする。
①設定にもよりますが、解りやすくするため、「ー +」ボタンで「1個のアイコン」に設定してください。もともと1個になっている場合はスキップでOKです。
②1個残ったアイコンが「ホーム」以外であればそのアイコンをタップし、
③切り替わった画面で一番上の「ホーム」を選択し、チェックマークが付いたのを確認してから、
「完了」をタップします。
⑤「ホーム」アイコンになっていることを確認してください。
iPhone操作方法。assistive touch 最上位メニューのカスタマイズ。
さっそく「ホームボタン」アイコンをタップして「ホーム」画面に戻りましょう。
iPhone操作方法。assistive touchボタンを画面上で操作。
ボタンアイコンはドラッグして任意の位置へ移動可能です(ただし画面の外側だけです。中央には置けません)。ダブルタップで起動中のアプリの並列表示もできます。

この際「AssistiveTouch」のその他の便利機能も使えるようになりましょう

iPhoneのフルスクリーン化にともない消滅したホームボタンですが、機能的には非常に便利なものでした。スワイプやサイドボタンの使用により代用できると判断され、通常配置は見送られましたが、さらに便利さを増したこの「Assistive Touch」の機能を使わない手はありません。

とその前に、画面上のボタン表示に違和感がある方は、先ほどの「Assistive Touch」のページで「待機状態時の不透明度」を選び、ツマミを左右に移動させてボタンの濃淡を変更できます。
iPhone操作方法。assistive touchボタンの見た目をカスタマイズ。
「Assistive Touch」には「ホーム」以外にもたくさんのアイコン=機能があり、設定しておくとさまざまな場面で操作がスムーズになり大変便利です。
先ほどと同じく「最上位メニューをカスタマイズ」から入って、「ー +」ボタンでアイコンを任意の個数に変更し、ボタンに登録するアイコンを選択します。
iPhone操作方法。assistive touch機能を使いこなす。
機能は豊富にありますが、ボタンに登録できるアイコンは8個までなので、吟味して選択してください。

個人的に使用頻度が高いのは上図右端の5種類のアイコンで、「コントロールセンター」「Appスイッチャ―」「スクリーンショット」「ホーム」「再起動」になります。いずれもスワイプやサイドボタンの使用を回避して操作の高速化に役立つものです。
特におすすめは「スクリーンショット」アイコンで、2ヵ所同時押しが嫌いな方は設定しておくと非常に楽です。アイコンをこれのみにしておけば、1タップでスクショが撮れます。

iPhone “ホームボタンの故障” 症状と対処法

ここではいわゆるホームボタン(画面上に表示させるボタンアイコンではない方)の不具合について解説します。

旧型のiPhoneにおいてホームボタンは、操作の要の役割を果たし、それだけに酷使される宿命を背負っています。見た目よりはるかに丈夫にはできていますが、それでも使い続けていると、さまざまな不具合が生じる場合があります。
不具合の内容としては、反応のばらつき強く押さないと反応しないまったく反応しない、の3点に集約されると思います。

iPhoneのホームボタンが正しく動作しない場合は、以下の対処法をまずはお試しください。

①再起動


システムの問題である場合、おそらくこれで解決します。当該ボタンの長押しからパワーボタンをスライドさせるか、あるいは、上で紹介したAssistive Touchの「再起動」アイコンをタップするかして、再起動を行ってください。

②容量不足を疑う


ホームボタンは作動するが反応が鈍い、というような場合は、容量不足で処理に時間がかかっている可能性があります。再起動することでアプリは閉じられますが、その前に、ホームボタンの2度押しなどでマルチタスク画面を開き、使っていないアプリを終了して、症状が改善しないか確かめてみてください。

根本的なストレージ不足の場合は、「設定」から「一般」「iPhoneストレージ」と進み、使用していないアプリが容量を圧迫していないか確認し、削除するなりして容量を確保しましょう。「写真」がそうである場合、バックアップを取ってから、端末内の写真の枚数を減らすことで容量不足は大幅に改善します。

関連記事
iPhone バックアップの方法【完全版】備えあればデータロスなし

③経年劣化や異物のつまり


経年劣化、つまり使いすぎてホームボタンまわりの部品がヘタっている場合は、部品を交換する以外に改善の方法はありません。
ホコリなどの異物が混入して接続不良を起こしている場合も、素人の掃除でどうにかなる可能性は低く、下手にいじって別の故障が生じるリスクを考えると、早めに専門家に診てもらうことをおすすめします。

まとめとして

いかがでしたでしょうか。
今回は、iPhoneの画面上にホームボタンを表示させて使用するメリットや、設置・設定方法について解説してきました。故障時に代用として使用するだけでは、その機能は便利すぎます。Assistive Touch のその他の機能もあわせて、自分なりの使いこなし術をあみ出してみてください。

豊富な機能を存分に活用して、快適なiPhone ライフを送りましょう。

iPhone修理は仙台のスマオタへ

仙台市内で最安値のiPhone修理

修理情報修理動画も積極的に公開中で、安心して修理をご依頼いただけます。また郵送修理にも対応し、青森・秋田・岩手・山形・宮城・福島の東北はもちろん、全国からのご利用も可能です。

arrow_upward